台東区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

台東区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

台東区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介

年間累計反響件数

年間相談件数の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

  • 全国対応

    遠方に住む相続人がいても安心

  • 事務所

    拠点

  • 所属弁護士

  • お客様満足度

    %

    ご相談者様対象自社アンケートより

遺産相続問題のご相談の流れ

父が後妻の連れ子と養子縁組すると遺言書を遺したのですが有効ですか?

45歳のサラリーマンです。妻と2人の子供がいます。私には41歳の妹がおり、サラリーマンのご主人と結婚して子供が1人います。

父は75歳ですが、母を早くに亡くしたためか、私や妹が結婚して家を出た後、62歳の時に48歳の女性と内縁関係になり、台東区の自宅で一緒に暮らすようになりました。婚姻届けは出していません。女性には当時14歳の連れ子A子さんがおり、現在も未婚で、父と一緒に暮らしています。

実は先日、父が突然倒れ、そのまま息を引き取りました。父には母とともに商売をしていた時に稼いだ預金が約4千万円残っており、台東区の自宅も3千万円の価値があります。

遺品整理をしていた時に、内縁の女性から父が書いたという遺言書を渡されました。確かに、父の筆跡であり、遺言書自体には異常は見られませんでした。記載されている内容は、「A子さんと養子縁組をする」というものでした。他に、遺産分割に対することは何も書かれていません。

遺産は父と母が築いたものであるため、父の好きなようにしてあげたい気持ちはあります。ただ、自分が産んだ子に対する認知は聞いたことがありますが、いくら遺言とはいえ、血のつながりのない連れ子に対する養子縁組が遺言書でできるのかということが分かりません。私たち兄妹も母が違うとはいえ、同じ父の血を分けた子であれば遺産を分けることに納得していないわけでもありません。

弁護士の先生にお聞きしたいのは、遺言書で養子縁組ができるのかどうか、またその遺言書を必ず守らなければいけないのかどうか、教えていただきたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP