河内長野市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

河内長野市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

河内長野市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

河内長野市で同居していた父が亡くなったのですが、兄や親戚と揉めてしまっています。

私は会社員をしている43歳です。河内長野市で妻と息子二人に娘と生活しているのですが、父も以前は一緒に生活していました。というのも父は2年前に病気になってずっと河内長野市の病院で入院していたのですが72歳で他界しました。

私が実家の父と同居を始めたのは父の病気が分かってからでした。それまでは実家を離れて生活していたのですが、看病が必要になったことから妻が同居を承諾してくれたので以前住んでいたマンションを売り、河内長野市で一緒に暮らすことになったのです。父は長年教師をしていてとても生真面目な人でした。借金もありませんし、死を覚悟してか遺言書も残してくれていました。

私には隣県に暮らす兄がいます。父の死後、兄と遺言書を開封してお互いが納得いく形で終わると思っていました。私は今後も実家で家族と一緒に暮らしていくつもりでしたし、父の遺言書にもそう書かれていました。

しかし兄から「実家に戻って俺(兄)がこの家や土地などを管理していくから遺産の相続を放棄してほしい」と言われました。ですが私はマンションを売りに出し、現在も借金を抱えた状態です。「実家に戻ることは出来ない」と言った兄にかわって私たち夫婦が実家に戻り、少なからず父の生活面も金銭的にも支えてきたにも関わらずまた生活拠点を失うわけにはいきません。

でも兄は本気で実家に戻ると決めているようで相続を放棄してほしいの一点張りです。親戚からも「長男である兄が実家に入るのが当然だ」と責められました。納得出来ない部分が残るので弁護士に相談する方向で考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP