川崎市多摩区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

川崎市多摩区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

川崎市多摩区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

川崎市多摩区で父が亡くなりました、妹が父から贈与を受けていて…

川崎市多摩区で暮らす父が亡くなりました。

母はまだ存命で、私の他に妹が一人います。遺産は、現金と不動産があります。法定相続分通りに分けようとしていたところ、問題が2つ発生しました。

1つは、妹が父の生前に住宅資金の贈与を50万円近く受け取っていた事です。因みに自分はほとんどもらっていません。特別受益にあたるのではといいましたが、少額だし父が勝手にくれたから関係ない、と言い張るのです。このくらいの額でしつこく食い下がるべきなのか、かと言って諦めたら後から後悔しそうで、どうすべきか迷っています。

2つ目は、妹が実家のお金を勝手におろして、使い込んでいた事実も発覚したことです。しかも高額です。問い詰めたところ、お金は全額返金して、父とも和解済なので関係ない、との返答でした。

そもそも本当に返金したのかどうかは、死人に口なしで分かりませんし、返したからいいという問題でもありません。これには怒りを通り越し、情けなくなりました。本を読んでも前例があまりないようで、良く分かりません。妹は悪びれた様子もなく、自分の法定分の相続を主張します。

譲ろうという気持ちは全くなく、何か不利な事を言われたら、こちら側の過去を引き合いに出して言い返すといった、まさに情けない泥仕合で、いい年をした大人の話し合いではありません。

このままでは話が終わらなさそうなので川崎市多摩区対応の弁護士に相談をしたいのですが、このようなケースでも依頼はできるのでしょうか?

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP