君津市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

君津市の遺産相続のトラブル・ご相談は相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

来所法律相談30分無料

君津市の遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

君津市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

相続に強い!君津市の遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG

全国対応いたします。君津市の遺産相続トラブルもお任せください

相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

君津市のアパートの相続について、遺言状は無効だと従兄に言われています。

私の叔父が以前君津市でアパートを経営していました。叔父は君津市に独りで住んでおり、私の従兄に当たる息子2人は、既に家庭を持ち、双方が遠方にいます。

叔父のアパートの購入資金は、銀行から融資を受けており、賃貸費用で借入金を返済するとともに、生活費収入も稼いでいました。しかし、その叔父が2年前に体調を壊し、長らく入院生活をしていたのですが、近くに身寄りできる親戚というと、甥の私と妹に当たる母、そして、私の妻だけでした。

入院費は賃貸アパートの収入で何とかできていました。さすがに看病やお見舞いは、私達夫婦と母が行っていたのですが、病が悪化して、亡くなったのです。しかし、大変なことは残されたアパートの相続でした。普段から、面倒を見ていた私達に相続して欲しいと言い残して、遺言状もきちんと残されていたのです。

そのことは、逝去した後で分かったことなのですが、従兄2人が異を唱えてきたのです。親戚とは言え、子供がいるのに、何故、甥に譲るのかと言うのです。残された遺言状も法的効果がないと、従兄兄弟が頼んだ弁護士を通して、主張してきたのです。

元々、君津市のアパートのことは全く関心がなかったのですが、さすがにこのやり方にはあまりにも非常識さを感じ、私自身よりも、叔父を必死に看ていた母や妻に申し訳が立たず、どうしても争わざるを得ませんでした。

そのようなことから、こちらも弁護士の人を立てて、キチンと遺言状の効果を示して、叔父の意思をしっかりと受け継ぎたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP