北九州市小倉北区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

北九州市小倉北区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

北九州市小倉北区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

北九州市小倉北区で亡くなった叔母、生前は顔を見せなかった従兄弟と叔母の遺した遺言書の開封

北九州市小倉北区に住む会社員です。

私には、結婚していない叔母がおり、その叔母の面倒を私の妻が見ていました。私の両親は、すでに他界しており、父より10歳若い叔母を一人にする事は出来ないと言う事で、北九州市小倉北区内の近くに住んでもらい、私というよりも私の妻が面倒を見ていたのです。

そんな叔母も89歳を迎え、もう少しで90歳になる頃から急激に弱り始め、ひと月ほどの入院で亡くなってしまいました。

妻には、両親と叔母を看取ってもらい、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。その為、叔母が残した財産は、私が相続するものの、妻に自由に使って欲しいと考えていました。しかし、叔母が亡くなった途端、現れた複数の相続人。今まで叔母の見舞いにも来たことがないような従兄弟だったのです。

すでに父の兄弟は叔母だけになっており、相続する人間は兄弟にはいない形になっています。その為、面倒を見て来た私が相続する権利があると思っていたのですが、実際、そうではないと聞かされ、本当にショックでした。しかし、それが法の決まりかと思っていた時、見つけたのが叔母の残した遺言書だったのです。中に何が書いているのかはわかりません。もしかしたら、私たち夫婦には1円も相続する権利がないと書いているかも知れません。

とは言っても、見つかった以上、従兄弟に知らせ開封する必要があるかと思います。ただ、何が書いているかわからないものを身内だけで開封する事に抵抗がある為、多少、お金が必要でも北九州市小倉北区対応の弁護士立会いの下、開封したいと考えているところです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP