清須市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

清須市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

清須市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

清須市で亡くなった母が、お世話になった人にもお金を渡したいと遺言書に残しています。

60代で今は年金で生活しています。私は長男で、他に3人弟がいます。皆60歳を越していますが、別々の県で元気に暮らしています。そして、母も80代と高齢でしたが私たち家族が暮らした清須市で元気に過ごしていました。

父は10年ほど前に亡くなっています。兄弟の誰かが母を引き取って一緒に暮らす話もありましたが、母は長年暮らした清須市を離れる気はないようで、1人でずっと暮らしていました。しかし、身体を壊してからは清須市の老人ホームに移り、そこで亡くなりました。

亡くなった後、母の遺言書を見つけました。内容は私たち兄弟で財産を分けるものでしたが、もう一つ書かれていました。それは、近所に住んでいる女性にもお金を残したいというものでした。母ととても仲が良かった人で、世間話をしたり身の回りのことを手伝ってくれたりしていたようです。清須市の老人ホームに移ってからも、よく顔を見せてくれたそうです。

私たち兄弟は、住んでいるところが離れていることもあり、あまり頻繁に会いに行くことができませんでした。母に会いに行ったときにはその人の話にもなり、とても感謝していたことは私も覚えています。母の遺産は全部あわせると3000万円ほどありますが、その中から100万円をその女性に渡したいとありました。

母の気持ちも分かりますが、弟たちは知らない他人に遺産を渡すのは嫌だと思っているようです。遺言書の通りにその女性にも遺産を渡すべきでしょうか。弁護士に聞きたいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP