港区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

港区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

港区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介

年間累計反響件数 約1,700

※2018年1月~2018年12月まで

年間累計反響件数

年間累計約1,700件(2018年1月~2018年12月まで)の遺産相続に関するお問い合わせをいただき、多くのご依頼を受けています。所属弁護士は多くの相続に関する業務を行い、相続問題解決のノウハウを蓄積しております。
来所相談は30分無料ですのでお気軽にご相談ください。

相続に強い!相続チーム

相続に強い!相続チーム

弁護士法人ALGは、事業部制度を採用し、相続問題に特化した相続チームを設置しております。
ですので、相続問題についての知見及び経験のある弁護士が所属し、ご依頼者様の希望を最大限叶える体制を整えております。

  • 全国対応

    遠方に住む相続人がいても安心

  • 事務所

    10拠点

    2019年1月末現在

  • 所属弁護士

    91

    2019年1月末現在

  • お客様満足度

    95%

    ご相談者様対象自社アンケートより(2016年1月~2017年12月末まで)

遺産相続問題のご相談の流れ

父が遺した港区の家について兄と揉めています。

55歳主婦です。港区に58歳の兄がおります。兄夫婦は、両親の住む実家から車で10分程度のところに住んでいます。

先月、父が病気で亡くなりました。父は港区の老人ホームに5年ほど前から入居し、入退院を繰り返していました。費用はすべて父の年金と貯蓄から支払っていました。

今回の相続にあたり、父名義の母の居住中の実家を、兄が相続することを主張しています。兄の言い分としては、今後母の介護のために、同居する必要が生じるかもしれないこと、これまでも父母の世話のほとんどを兄夫婦が引き受けていること、家を売ったり貸したりする必要が生じたときに手続きがスムーズに済む、以上の3点を挙げています。

たしかに、母が相続して母の名義になった場合、今後母が認知症になってしまった場合などに、売買や賃貸の契約に支障が生じる可能性はあるかもしれないと思います。しかし、母はこの家に今後も居住していくわけですし、父の配偶者である母が、家を相続するのが普通のように思います。

老人ホームの費用などがかさみ、預貯金などは、相続税を支払ったらさほど残らないように聞いています。兄夫婦に比べると私は介護などの負担は少ないため、兄のほうが多くの取り分を主張するのは当然だと思っていますが、嫁ぎ先から月に数回は港区まで見舞いなどに行っていますが、交通費などももらったことはありません。今回は家を母が相続して、母が亡くなったときに、この家の処分と兄と私の相続分について相談するのが筋ではないかと思うのです。

法律や税金の知識もなく、どうずればよいのかわかりません。弁護士に相談するほうが良いのでしょうか。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP