名古屋市守山区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

名古屋市守山区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

名古屋市守山区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

名古屋市守山区で亡くなった父が遺したエンディングノートに、兄と私へ遺す遺産の相続について書かれていました。

私は名古屋市守山区在住の40歳の会社員です。

名古屋市守山区にある会社で営業職をしています。家族は同じく名古屋市守山区に住む父親と兄がいます。父親は病気で日常生活に支障が出始めたころから、名古屋市守山区内の老人ホームでお世話になっていました。

先日老人ホームから連絡があり、父が亡くなったと知りました。さっそく葬儀の手配などをしようとしたのですが、その老人ホームのスタッフさんから、父が書いたエンディングノートがあるということを聞きました。そこにはどういった葬儀をしてほしいか、だれに連絡をしてほしいかということが詳細に記載されており、おかげで父の望むような葬儀にすることができました。

落ち着いてからそのエンディングノートを見ながら、父がこんなことを考えていたんだなと、感慨深げに見ていると、なんと相続に関する記述が見つかったのです。「長男は我が家の当時の経済的事情で、大学に出せてやれなかった。その罪滅ぼしといってはなんだが、自分が死んだら財産の7割は長男に譲る。次男は大学まで出せたので、申し訳ないが3割で我慢してくれ」という言葉と、書いた日付と印鑑が押してあったのです。

これはどうすればいいのだろう?と思いました。いっそこのことは兄にだまっていようか?しかし、後から兄に見つかったら相当ややこしいことになってしまうかもしれない……。エンディングノート自体捨ててしまおうかとも思いましたが、それはそれで心が痛むのでやめました。これが有効なのか?ということも含め、名古屋市守山区対応の弁護士さんに相談してみたいと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP