新座市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

新座市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

新座市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

新座市で亡くなった父、再婚相手の継母と腹違いの弟に父の遺産を全て奪われる

父は、私が15歳の時、そして、今の母の子供が12歳の時、再婚しました。

その後、父と新しい母の間に子供が生まれ、家族5人で暮らしていました。俗に継母と呼ばれる母ですが、私にも優しく接してくれ、何一つ、不自由のない生活を送ってきました。

そんな私も40歳になり、今では新座市の実家を離れ、結婚して家族3人で暮らしています。実家の方は、父と継母の子供である弟が跡を継ぎ、奥さんと一緒に暮らしていました。そんな父も87歳になり、体が弱って来たと言う事で、兄弟3人で話し合い、お金を出し合う形で新座市内のの老人ホームに入居させました。その後、すぐに体調を壊した父は、半年ほどの入居生活の末、亡くなりました。

葬儀の話になった時、喪主を誰にするかと言う事になりました。戸籍上、私は父の長男です。しかし、弟が跡を継いでいると言う事と、私が今の母の子供ではないと言う事から、弟が喪主を務める事になりました。

そこまでは良かったのですが、その後、相続の話になった時も継母と弟が前に出てきて、私には、相続する権利がないかのような口をきいてきたのでした。本当に驚いた私。今まで、継母とも腹違いの弟とも仲良くしていたつもりでいた為、ショックだったと言った方が正解かも知れません。

とは言っても、父には、田畑を含む、それなりの財産が残っている事は分かっています。それらを継母と腹違いの弟に奪われる事は許せません。その為、一度、新座市で対応してくれる弁護士に相談し、間に入り解決してもらいたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP