大網白里市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

大網白里市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

大網白里市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

大網白里市で亡くなった母が暮らしていた実家は借地に建てられた家屋でした。

大網白里市に夫婦2人で暮らす年金生活者です。

一人暮らしで暮らす母が亡くなり、実家の遺品整理や様々な手続きを進めています。実家は、地元の大地主が持つ借地に建てられた住居です。役所で調べると、所有名義は10年前に亡くなった父親名義のままで、母の名義への変更はされていません。

母が90歳近くになり、施設に入居していて亡くなりました。元気な間に色々と確認して置けば良かったのですが、貴重なものは銀行の貸金庫に入れてある事は分かっていますが、色々分からぬ事が多くて、手続きにもたついている現状です。

母の銀行口座が閉鎖される前に、引き落としで支払っている色々な料金を私名義の口座への変更を進めており、土地を借りている大地主の土地会社に出向き、その手続きを行いました。その時、地主から、家に誰か継続して住まわれるなら、それは構いませんよと言われ、続けて、もし住まわれず土地を返される場合には、更地にして返却して欲しいと言われました。

更地にすると言っても、実は実家は長屋の一軒で非常に古く、切り離して壊せば、長屋全体が壊れる恐れもある状態なのです。かと言って、長屋全体を壊すタイミングまで借地代を払い続ける事もできません。

父が亡くなった時、預貯金を母から相続分としてもらっており、その後の生活ぶりを見ていると、母の預貯金がそれほどあるとも思われません。長屋を切り離し実家部分だけを壊して、両側の家のメンテ工事をすれば、残された預貯金では足りなくなる恐れもあります。近隣の方や地主の方に不義理はしたくありません。どうするべきなのか、大網白里市対応の弁護士さんに相談して、早くスッキリさせたいと考えています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP