大阪市平野区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

  • 相続に強い弁護士法人ALG
来所法律相談30分無料

大阪市平野区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等のお悩みは遺産相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにご相談下さい

来所法律相談30分無料

遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

土日祝日もご相談受付いたします!

大阪市平野区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー
  • 遺産分割協議

  • 相続に関する調査

  • 遺留分

  • 遺言書

  • 相続放棄

  • 不動産の相続

遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続に強い弁護士法人ALG 相続問題を全国対応 相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

大阪市平野区で亡くなった母の遺言状に、他人の女に全財産を渡すと書いてあったが…

先日大阪市平野区に住んでいた母(88歳)が亡くなりました。私は60歳で一人っ子です。父はすでに他界しております。

母は80歳くらいから認知症の症状が出てきて、1人暮らしが難しくなったため約5年前に大阪市平野区のグループホームに入居しました。私は他県に住んでいて仕事もしており、実家の大阪市平野区まではちょっと時間がかかる距離なのであまり頻繁には行けませんでしたが、2週に1度は必ず顔を出すようにしていました。

その母の住むグループホームに頻繁に訪れる人がいました。私は何度かチラッとあったことがある程度で、どうやら母がグループホームに入る以前に銭湯で知り合ったという70歳くらいの女性でした。ホームに入ってからも頻繁に訪ね、話し相手になってくれているのだと有難く思っていました。

ホームのスタッフさんの話によると週に2回ほどは来ていて、お菓子の差し入れなどを許可なくするので少し困っているという話を聞きました。母が亡くなる1年くらい前からは会話もままならない程度になってしまい、そのころにはその女性はほとんど来なくなっていました。

そして母が亡くなったあと、公証役場に遺言があることがわかり驚愕しました。なんとその女性に全額相続させると書いてあるのです。財産は大阪市平野区の家と土地(売却するとおよそ1500万程度)と預金が1000万くらいでした。もちろん私には遺留分があるので、全額相続のはずなのでその半分はその女性に請求することができます。

しかしその遺言の書かれた時期はホームに入居する約半年前に作成されたもので、その時点ではすでに認知症の診断がおりていました。母は私との関係が悪かったわけでは決してないので、全額その女性に相続させるという遺言を自分の意志で書くわけがないのです。そのため遺留分を請求するだけでは悔しくてたまりません。

認知症の診断が下りた後に書かれた遺言書が有効になることはあるのでしょうか?大阪市平野区対応の弁護士に相談したいです。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP