相続税の計算方法とは|遺産相続なら弁護士法人ALG&Associates

相続税の計算方法とは

来所法律相談30分無料 来所法律相談30分無料

相続税の計算方法

相続税とは

相続税とは、相続又は遺贈により財産を譲り受けた者が支払う税金を指します。
相続申告手続きは、相続開始から10ヶ月以内に完了する必要があります。相続をするということは、一般的には財産を取得することが多いので、税務申告をする必要があります。相続税の申告が必要な場合には、相続税の申告期限が、相続開始後10ヶ月となっています。さらに10ヶ月以内であれば相続税の特例を受けることもできます。

課税価格

「取得した相続財産」+「みなし相続財産」-「債務・葬式費用」+ 「(1)相続時精算課税の適用を受けた贈与財産・(2)1を除く被相続人からの3年以内の贈与財産」

課税遺産総額

「課税総額」-「基礎控除額(3000万円+法定相続人の数×600万円)」

相続税の総額

「課税遺産総額」×「各人の法定相続割合」×「税率-控除額」

相続税額(各人の)

「相続税の総額」×「各人の課税価格」÷「課税価格の合計額」

相続税納付額(各人の)

相続税額に20%相当額を加算や税額控除の適用を各人行う

遺産相続に関するご相談・お問合わせはこちら

土日祝日もご相談受付いたします!

フリーダイヤル 0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
今すぐ問い合わせる0120-522-017 メール問合せ TOP